So-net無料ブログ作成
検索選択

DORAEMON THE MOVIE BOX 1989-1997【映画ドラえもん30周年記念・初回限定生産商品】 [DVD]

DORAEMON THE MOVIE BOX 1989-1997【映画ドラえもん30周年記念・初回限定生産商品】 [DVD]DORAEMON THE MOVIE BOX 1989-1997【映画ドラえもん30周年記念・初回限定生産商品】 [DVD]
出演:大山のぶ代 /小原乃梨子
ポニーキャニオン
発売日 2010-10-06




時代をこえて。 2010-10-09
4歳の娘に見せてやりたくて、そして自分ももう一度見たくて購入しました。

やっぱり私は昔ながらのドラえもんが見ていて一番幸せな気分になります。

この幸せな気分は懐かしさなのかな。



もちろん、9作品も収録されているのでエピソードの好みもあるでしょうが

全体としてはあの懐かしのドラえもんです。



娘も真剣にテレビを見つめ、笑ったり驚いたり感動したりと

まるで自分の小さい頃を見ているようで感慨深いものがありました。

いくら時が流れても子供の心をつかむものは変わらないんですよね。

良い作品なら、特に今風にしなくても十分受け入れられるんだと嬉しく思います。

歌も気に入ったようで「空を自由に飛びたいな♪はい、タケコプター!」って

思いっきり旧バージョンを覚えて歌っています。



ミニブックレットも作品分入っているのでそれも眺めて楽しめる。

本当にこれは大山さんたちの声、のび太たちのキャラ(今は少し違う気がする)、

そしてあの絵で育ってきた大人たちのためのボックスですね。

まるで子供のころに戻ったようで、大人のストレスを忘れられそうです。

初期から中期にかけて 2010-10-06
作画レベルも高くなって行くのだが、やはり初期の頃のエピソードが良すぎる為に、中期から後期にかけてのエピソードが個人的にですが、話が弱くなっているような感じですが、それでもやはりドラえもんは面白いと思える作品だと思いますね。 十分満足できる買い物だと俺は思います。

そういうこと?! 2010-09-13
マルリーさん、

てっきり

第1弾→耳無し青ドラ
第2弾→耳あり黄ドラ
第3弾→ミニドラ


をイメージカラーにしてるんだと思ってました☆

なんにせよ楽しみですね♪

第2弾は10月6日! 2010-08-21
9月3日発売の第1弾に続く第2弾です。

第1弾のBOX色はドラえもんの色、そして第2弾はドラミちゃんの色なんですねー。

第3弾はミニドラかな。

センスが良いです☆



第2弾は1989年から1997年までの作品です。

この途中の1996年、『ねじ巻き都市冒険記』の執筆中に藤子・F・不二雄先生は亡くなられました。

声優陣が変わったとは言え、今もこれから先も、

ドラえもんは愛され続けるんだなぁと思うと感慨深いです。





<10月5日追記です>

今日、商品が到着しました!早くて嬉しいですね。

ずっとドラミちゃんだと思いこんでいた色の件ですが、

別の方のおっしゃる通り、耳ありのドラえもんでした。

今回のミニブックレットも懐かしさ・新鮮さ…とにかく感動です。

前回の見開きは海底鬼岩城での1コマ。

今回は…ぜひ自分の目でご覧になってください!

感動すること間違いなしです。

待ってました・・・・!? 2010-07-02
そもそも今までのドラえもんのDVDパッケージには大いに不満がありました。

ターゲットが子供をメインにし過ぎています。

ドラえもんで育った大人たちには、なんだかとても安っぽいパッケージング。

ドラえもんは歴史的名作なわけだから、もうちょっと高級感のあるパッケージが欲しかった。



そして、今回のBOX!

やっと(ギリギリ)大人も買えるパッケージングになりました・・・・が。

はたして内容はどうだろう?

映像のリマスタリングや、特典映像を期待してもいいのだろうか?

販売元がポニーキャニオンなことを考えると過剰な期待は禁物かもしれない。



それにもう少し高級感のあるパッケージだったらなおよかった。

今までのものに比べればぐっと良くはなったけれど、

正直タイムマシンボックスのようなセンスのいいパッケージングができる、

ワーナーにこの企画をやってほしかった。



でもやっぱり期待してしまう。長編ドラえもんの大冒険に

子供のころ、そして大人になってからもワクワクさせられた僕たちを

このDVD−BOXは満足させてくれるだろうか。


さらに詳しい情報はコチラ≫



nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。